スポンサーリンク

【日記】台風による新幹線運休直前の最終のぞみで名古屋に戻った時の雑感

スポンサーリンク
Not in service 日記
スポンサーリンク

早朝のイベント中止決定

9/30に開催予定だった
ユリシーズの無銭お渡し会の為に
東京に一泊してたが、
前夜の段階で関西方面は
交通機関の運転休止を決定。

一方、関東地方で開催のイベントは
当日まで状況を見守る形に。

そして、当日8:30に公式から発表

結論から言うと、この判断はとても正しく
前夜の告知予定時間より
30分前倒したのも素晴らしい。

これを見て自分はすぐさま帰宅を決めた。
(なお、指定席は当然とっくに枯れてた)

最終の1本前に東京駅着も…

この時失敗だったのは
帰宅前提で告知を待たなかったこと。

風呂、チェックアウト準備、移動
で、結局東京駅に着いた時には
最終1本前ののぞみの発車5分前。

ここからの待機は無謀と踏んで
最終に乗ることを決めた。

しかし、東京駅は
新幹線乗り場が複数ある為、
最終にも既に大量の待機列が…

車内のポジション取り

一応座れる見込みのある
3号車入り口に待機していたが
ドアが開いて早々に席は無理と判断
すぐさまデッキ奥の連絡通路へ。

この位置のポイントは
人の往来が発生する為、
目一杯詰められる可能性が
わずかに低いということ。

キャリーケースに座ることで
省スペースをしつつ
比較的楽な体勢で過ごせた。

出発直前と品川が地獄だった

新幹線到着直後から場所を確保して
あとは出発を待つのみだったが
発車3分前あたりから
乗客がさらに殺到。
デッキと車内の通路に
どんどん人が押し込められた。

発車直前になると
駅員による圧縮も掛かって
さらに乗車率は恐ろしいことに。

新横浜では、乗車規制を掛けたのか
ほぼ誰も乗って来なかった。
満杯

座って帰りたいのなら

最も確実な方法は当たり前だが
最終には乗らないで、
何本も見送る覚悟で
待機場所の前を確保すること。

最終でも座れれば問題ないが
座れなかった時は、
混雑しない場所の確保が急務。

ちなみに、自分は利用しなかったが
最強と思った場所は喫煙スペース
誰も来ない喫煙所
最大2人しか入れないが
この時も発車前にこそ
一服する人がちょくちょく居たが
出発後は1人がずっと居るだけだった。

嫌煙家の自分には耐えられない場所だが
スペースとしては最良かもと思った。

あとがき

自然災害ゆえの交通機関の運休は
とても正しい判断だと思うし、
そこに文句を言う筋合いは全くない。

自分として最良の行動は
最悪よりも最速を目指すべきだと
今回改めて実感した。

もう最終自由席には乗らないぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました