スポンサーリンク

【Mac】Macで動画キャプチャを撮る方法(GIF編)【GIPHY CAPTURE】

スポンサーリンク
Mac/iPhone
スポンサーリンク

今回はGIF動画の作成

前回のエントリで、記事内に動画を入れたくなり
やってみたことをご紹介

【Mac】文字入力してると勝手に変換してくるアイツをOFFにする方法【設定】
新しく購入したMacを使ってみた時に最初に遭遇する違和感。それは入力中の文字の自動変換。これまで自分の意思で変換キーを押していた自分としてはまるで馴染まないので、設定をOFFにする方法を紹介します。

タイトルの内容でググってみたところ
まず出てくるのはQuickTimeによる動画キャプチャ

今回は、小さく短い動画を載せる目的だったので
GIF動画を作成するツールをピックアップ

使用したのは「GIPHY Capture

GIPHY Capture. The GIF Maker

無料
(2018.08.31時点)
posted with ポチレバ

 使い方は至ってシンプル

アプリを起動すると

GIPHY_Capture

こんな風にキャプチャウィンドウが表示されるので
キャプチャしたい範囲を設定。
(設定アイコンの隣のところで操作可)

録画ボタンを押せばキャプチャを開始するので
適当なところで止めます。
(録画時間は最大30秒)

録画が終わると、画面下に
録画映像がストックされるので
それをクリックすると編集画面が出ます。

GIPHY_Capture編集画面

設定に使える項目もシンプルなので
いじることもそれほど無いでしょう。
最後に「SAVE AS」を押して保存完了です。

参考にしたサイト様

Macで画面をムービー撮影する方法まとめ! スクリーンキャプチャ動画を便利なワザで保存しよう
本ブログでも過去、Macの画面をムービー撮影する様々な豆知識を紹介してきました。Macでは標準アプリである「QuickTime Player」を使う方法が有名ですが、別途アプリを用意することで撮影したキャプチャ動画に様々な加工を与えることも

QuickTimeでの動画保存やその他のツール等
色々な動画キャプチャの方法を紹介してます。

あとがき

GIF動画を作ってみて思ったのは
短い動画でもファイルサイズが大きい
ということ
なので、今後はYouTubeとの連携も
考慮しないといけないなと思ったり。

あと、アップしたけど動画が動かない!
なんてトラブルもあったので
それもまた別途書きます。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました