スポンサーリンク

【HUNTER×HUNTER】No.387◆再現 全ての辻褄を合わせる「絶」とツェリードニヒのチート級念能力。四大行の理屈を完全に覆してる気がするんだが…

スポンサーリンク
漫画
スポンサーリンク

時は再び遡り

デジャヴ

!?

全く同じ
タイトル部分と、煽り文の!!と!?
以外は全く同じでした
華麗なる1ページ削減!

ツェリードニヒの世界線

能力の始まり
テータの目線では特訓中の一幕だったが
絶の解除
自身の能力に驚いての絶解除だったとは…
この時点から既に伏線だとは思いもよらず。
敵の存在
テータの発言に対する反応と思っていた
この場面も実際は
未来との差異
このやり取りの違和感が原因だった。

刹那の10秒

刹那の10秒
ツェリードニヒが能力を発動して
視られる10秒後の未来は
現実時間では一瞬
未来を見終えた後に、現実の10秒が発生
そこでツェリードニヒが行動を変えても、
能力の範囲に居る者
予知夢のツェリードニヒの姿が見えている
予知夢の状態
予知夢の世界のツェリードニヒは
警備兵が入った段階で絶が解け
ツェリードニヒの世界
実際のツェリードニヒは絶を継続状態

一瞬の開眼
No.385でツェリードニヒが
目を開けてた疑問もこれで解消。

この場面はツェリードニヒの世界線だった。

殺されるとは思っていなかった

驚くツェリードニヒ
テータが自分を殺害しようとしてるとは
夢にも思っていなかったツェリードニヒ。
センリツのフルート
センリツのフルートのシーンで
何事もない理由もキッチリ回収。
念の世界
本来なら命を狙われたことに憤慨しかねないが
センリツの能力発動も相まって
念への興味が勝ったツェリードニヒ。
古い原稿
警護兵との会話シーンは
全く同じ内容にも関わらず若干違いが。
No.385のが細かい
書き込みの量は明らかにNo.385の時のが多いし
上のコマの警備兵の髪も前回のが細かい。

原稿管理のミスかな?

ツェリードニヒの能力まとめ

ツェリードニヒの能力
わかりやすく図示してくれているが
最初の10秒間の時系列が
若干わかりづらかったので補足。

目を閉じて絶を行なった直後の刹那の10秒は
実際ほぼ0秒で10秒を視ることが出来るが、
その先の10秒を見続けるには
実際の10秒と同様の時間が経過する

そして、目を開けると
最後に見た10秒間を追体験することが出来、
その10秒間は能力の影響下に居る人間は
ツェリードニヒの予知夢の行動を
視ることになる(本人は自由に動ける)
修行の目的
前回サルコフに説明していた修行の内容は
能力を最大限に活かす為のものだった。

あとがき

「未来を視る」という能力は
過去にネオン・ノストラードの
ラブリーゴーストライターの例があったが、
ツェリードニヒの能力の強みは
予知夢で見た世界の時間を
自由に行動しても対象に気づかれないこと

それにしても、「絶」を行なったら
念能力が発動ってどういうことなの…

コメント

タイトルとURLをコピーしました