スポンサーリンク

【HUNTER×HUNTER】No.384◆抗争 カキンマフィアの構造とツェリードニヒの覚醒。そしてテータの狙い

スポンサーリンク
二つの念獣 漫画
スポンサーリンク

組長補佐タハオ

タハオ
新たに出てきた組員タハオ
組長補佐であり、第7王子の
私設兵軍事顧問というポジション。
念は使えない模様
(オウ=ケンイは能力者)
王子と組のパイプ役ってところかな?

以前登場した副組長のイットクとの
パワーバランスがよくわからないが。
イットク

扉の向こうは上層階への通路

扉の秘密の正体
以前ヒットマンが開けるのに失敗して
諦めた扉は上層階への直通路。
そして、目的は組長というフィンクスの予想。

タハオの反応は何を示すのか…
2人の組長
リー組長はこの人 ⬆️
この時2人が会話していた「バランス」
今回の抗争のキーワードという伏線。

ツェリードニヒの拷問

凄惨な跡
謎の掃除

以降当初記載事項から修正しています

血だらけの武器に、
グチャグチャになった肉塊
散らばった家具

ツェリードニヒの電話での会話から
モレナの執事が拷問され始末された模様。

ツェリードニヒの残虐性は
初登場時から異彩を放っていたが
テータが平然としているのが一番の驚き。

ツェリードニヒの守護霊獣

テータと守護霊獣
テータのこのモノローグからも
ツェリードニヒの守護霊獣は
「嘘」に敏感な性質があることが伺える。

念能力は本人の性格が出る部分が多く
ツェリードニヒは嘘をつく女が嫌い
と以前テータに話していた。

モレナの執事の拷問に
守護霊獣が関わったかは不明だが
嘘に反応することを断定したからこそ
このやりとりが生まれたとも考えられる。

ツェリードニヒの発

ツェリードニヒの念
腹に悪魔の数字(666)を宿す
明らかにヤバい気配を纏った
特質系の念獣

守護霊獣は「嘘が嫌い」の側面を
宿している様子だが、
この念獣はツェリードニヒの
どの性格を表す存在なのか…

それにしても、カキンの王子たちは
念の才能が豊かすぎる。

テータの目的

絶は極意
四大行において最重要
「絶」を強調するテータ。
テータの決意
このモノローグからも、
「絶」習得の目的は、
ツェリードニヒの念を封じて
倒すことの一点ですね。
絶状態なら守護霊獣も発動しないし。

念に対して常に最悪を警戒できる
王子をどう出し抜くかの駆け引きが
この後描かれていくのかなぁ。
ほぼ確実に失敗してアウト
未来しか見えてこないけど…

あとがき

モレナ発端でカキンマフィア抗争の話が
広がっていくかと思いきや
ハルケンブルグを凌ぐ禍々しさ
ツェリードニヒの念獣登場で
やはり一筋縄ではいかない継承戦。

次は誰がどう動くか、誰が描かれるのか
神(冨樫)の手の上で踊らされてる
この感覚、嫌いじゃない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました