スポンサーリンク

【イベント】雨宮天ライブツアー2018 “The Only SKY” in Nakano DAY2 心地良いライブと素晴らしいMCをありがとう【感想】

スポンサーリンク
ツアーファイナル 声優/イベント
スポンサーリンク

セットリスト

M01.エデンの旅人
M02.Marvelous Scene
M03.Silent Sword
MC1
M04.RAINBOW
M05.Glitter
M06.Fleeting Dream
天ちゃんダンサーズ紹介
白のドレス風衣装にチェンジ
M07.irodori
M08.Shu!Bi!Du!Ba!
M09.羽根輪舞
M10.誓い
MC2
M11.GLORIA
青の衣装へ早替え
M12.Trust Your Mind
M13.Eternal
M14.Abyss
M15.Velvet Rays
M16.Skyreach
M17.Breaking the dark
MC3
EN1.After the Tears
MC4
EN2.チョ・イ・ス
EN3.Lilas
MC5
WEN.Fleeting Dream

変化点

日替わり曲は
GlitterとSkyreach

最大の山場はやっぱりダブアン
翌日の公演事情説もあった
開演時間の早さだったが
終演後のステージ照明
ワンチャンを漂わせていた。

いつもの終演アナウンス
オタクが日和って声が小さくなった時は
ちょっと心配したけど、
無事実現してよかった。

MC1

「LAWSON presents
雨宮天ライブツアー2018
“The Only SKY”へようこそ!」
からのMCスタート。

2ヶ月に渡るツアーもついに8公演目
参加回数の聞き方は
・1回でも来たことある人
・初めての人
の2つだった。

最近はアロマエステにハマっていて
誕生日明けの仙台公演では
偉い人からディフューザーを貰ったので
家でもアロマを焚くようになったとか。

天ちゃんダンサーズからも
アナスイの青のミニバッグを貰った
と嬉しそうに話していた。

今回のツアーはお酒の話ばかりしてたら
事務所に大量のお酒が届いたから
これからは女子っぽいものがいいな
使う保証はしないけど
とイタズラっぽく微笑みながら話した。

MC2

ツアー最終日にして気付いた
天ちゃんダンサーズを客席から見てない!
と、みんなを羨ましがる。
ちなみにダンサーズはみんな
青のネイルをしてくれてたと喜んでいた。

ツアー中はアルバム楽曲について話したが
中野2公演ではライブの振り返り

衣装秘話では、
エデンの旅人のケープは
MVの物をマイナーチェンジして
引き摺らなくて良くなった。
フードも落ちないように髪に固定していた。

ミュージカルパートでは
irodoriで被っていた赤の帽子も固定していて
簡単に取り外せるようになっていた。
羽根輪舞からの誓いでも、
扉の向こうで櫛で髪を直したり
メイクを整えていた舞台裏を披露。
「これ最終日だから言えるの!
ずっと言いたかった!」
とはしゃぎながら話す天さんが可愛かった。

他には、マイクの種類が多かったのも
ミュージカルパートの特徴で
初めて使ったイヤモニも、
いくつかの候補から選んだ話や
irodoriの時は
イヤモニから音を出す選択もあったけど
スタンドマイクを使うことに決めた
といったエピソードがあった。

あとは、Shu!Bi!Du!Ba!の時に
持ってたグラスには
実際飲み物が入っていたとか。

そんな沢山のことが詰まった
ミュージカルパートをやることは
最初は不安だったか
挑戦を掲げて生きると決めたので
前向きにトライすることが出来た。
そして、それを見守ってくれる
ファンのみんなへの感謝を綴りながら
次の曲GLORIAへ…

MC3

アンコールのお礼を告げて
「みんなへの感謝を込めて歌います」
と言ってからのイントロ

オタクたちはすぐさま着席して、
光り物もほとんど無く
歌に集中できる
とても素晴らしい環境だった。

MC4

この時間は宣伝コーナー!と銘打って
まずはツアー日替わりTシャツの話題
会場にTシャツの色を聞くと
「白」と「青」が半々
もう一回聞き直すと「ブルー」で統一され
実は引っ掛けだったんだ〜
と天さんも満足そうに反応を弄る。

どう見ても白のTシャツだが
今回はプリントカラーが青。

これまではツアーで徐々に
天さん好みの青に近づいて
中野初日で理想の青に到達したから
最後はこうしたとのこと。

天さんは最近インミンブルーの顔料を
手に入れたので、
これで自分好みの青に染められる!
という謎アピールをして笑いを誘う。

告知として
写真集が会場で先行発売をしている
と言おうとしたらオタク達が早々に掲げるので
一つずつ指を指しながら「早い」と指摘
そして、写真集だから思い切りドヤってるけど
それを自分に見せられるのって
どんな罰ゲーム?と恥ずかしそうにした。

他には
今回の公演が映像収録されること
冬頃に新曲をリリースすることを発表。
ツアーは今日で終わりだけど
また次に向けて動いていくよ
というメッセージでMCを締めくくった。

※今回のツアータイトルを客席に聞いて
「The Only BLUE」
という声が割と聴こえたことに
「もう最終公演なのに!」
と、拗ねるシーンがあったが、
MCのどの辺りだったか忘れました。

また、ツアータイトルを
アルバムのBLUEをSKYにすることで、
自分が作っていく景色という意味合いにして
各公演ごとに様々な違いがあったと
ツアーを振り返っていた。

あと、この時に全通確認もしてた。

MC5

「終演のアナウンス流れたじゃ〜ん」
と涙を手で拭いながら登場。

最後のMCでは
自分は顔の大きさの割に口が大きくて
それがあまり好きじゃなかったけど
この大きな口で、後ろの方にも
自分が楽しい気持ちを伝えられる
って思うと好きになれたと告げる。

ラストのFleeting Dreamでは
目一杯口を開いて
最高の笑顔で楽しそうに歌っていた。

最後はオフマイクで
「ありがとうございました!」
と述べて、ステージの端から端まで
二階席まで満遍なく手を振って退場。

あとがき

天さんにとって初めてとなる
ライブツアーの集大成となるに相応しい
素晴らしいライブだった。

その満足度を高める一つの要因は
やはりMCにあるとも実感した。

天さんが話したいことを
一気に喋っていくので、
情報量が多くて記憶しきれなかったが、
伝えたいことを懸命に伝える姿
それを共有してほしいという思い
そして、楽しそうにする様子が
とても印象的で、
時にフランクな語り口になるところも
距離感が縮まったように感じられて
天さんの魅力だなと思った。

セトリもほぼパーフェクトといえる構成で
持ち曲で月灯りだけ歌われなかったけど、
それはまたの機会の楽しみに。

今の雨宮天が詰まったライブツアー
お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました